「ブログに書くことがない」と悩む前に初心者がするべき5つのこと

こんにちは!色付けマイスターのMASAです。

ブログを始めた時にまず最初にやってくる悩み…

『ブログに書くことない』

でも、記事は毎日更新した方がいいって言うし、最初の内は数が大事だって言うし。
一体何を書けばいいの?!

はい、私も初心者の頃はよくそんな事態に陥りました。

・Yahooのニュース
・Twitter
・注目されそうなTV番組

いわゆるネタ探しというものができそうなところは見てみるのですが結局何を書いたらいいのかわからなくて時間が過ぎていく。

そんなあなたのために、2年以上ブログを継続してきた私が、初心者の頃に実践してきた事をお伝えします。

「書くことがない」と、悩むことに時間を費やすのをやめるヒントになる方法を5つご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

「書くことがない」と悩んだ時に実践した5つの方法

「書くことがない」となった時に、その悩みを解決していく為に私がやった事は

1:他の人のブログを読む
2:本屋へ行く
3:ヤフー知恵袋を見る
4:周りの人に話を聞く
5:自分の生活を振り返る

という5つの方法です。
他にもいくつかやっていたのですが、この5つがすぐに実践できてとても効果的でした!

悩む前に、まずは試してみてください^^

他の人のブログを読む

これはもう、今すぐできる事ですよね!

初心者がブログを書く時にまずやって欲しいこと。
それは「真似る」ことからです。

これは私も初心者の頃にメンターから言われたことです。

習字でも英語の発音でもそうですが、まず最初にやることって「真似をする」ことからですよね?

ブログも一緒で「書くことがない」と悩んでしまう時は、自分の頭の中の範囲で「書くことがない」と決めてしまってることが多いです。

脳って経験したことや見聞きしたことからデータを探してくれるのですが、ここにあるデータの容量が少なかったらその分狭い範囲の中で考えることになりますよね。

この頭の中の「ブログデータ」を増やすことが、色んなブログを見ることです。

・他の人はどんなことについて記事を書いているのか
・どんなカテゴリーを作ってるのか
・どんなタイトルで書いているのか
・この人が初心者の頃(昔)はどんな事を書いていたのか

など、ブログをただ見るだけでなく「そのブログから何を読み取りたいか」を先に決めて見るとより効果が早いです!

そしてこれは決して間違わないで欲しいのですが、真似る=コピペするということではありません。
人の文章をコピペするのは違法です。

その人の書き方、構成、タイトルの付け方、ネタの選び方など、思考を真似することを意識してみてください。

本屋へ行く

本屋さんはネタの宝庫です。

しかもジャンルごとに分類されているだけではなく
・新刊
・人気ランキング
・注目本

など、世の中の人が注目している需要を教えてくれているありがたいコーナーもあります。

そして、雑誌は特にその月によって「注目されるもの」の特集が組まれたりもします。
これって、情報を先取りして教えてくれている様なものですよね。

忙しくて本屋へ行く時間もない、という方は今はネットで雑誌も読み放題のサービスがあったりしますので、そちらを利用するのもいいですよ!

私はTマガジンを利用して家でも職場でもよく見ていました。
わずか400円で450誌が読み放題というなんとも素敵なサービス♪
TVガイドなどもあるので、新番組や放送予定の番組の内容もチェックできて本当に便利でした。

↓最初の1ヶ月は無料みたいです


もちろん、これ以外にもネットで本が読み放題のサービスは沢山ありますので、日頃使っているサイトなどがあればチェックしてみるのをオススメします!

 

ヤフー知恵袋を見る

ブログ初心者の頃から今でもそうですが、本当によく見ています。

ヤフー知恵袋はあなたも一度は見た事があるサイトではないでしょうか?
ここには「誰かの疑問」が山の様に溢れています。

ブログの本質は「誰かの疑問や悩みを解決する・役に立つこと」ですよね。
ということは、ここに書かれている疑問はそのまま「誰かの役に立つ記事」として書くこともできます。

また知恵袋には「閲覧数」というものが各質問によって表示されているので、ここも需要の高さなどを表す一つの目安として見てみるといいですよ!(あくまでも目安です)

↓各質問の下部分にこんな感じで載っています

この知恵袋に載っている日常の疑問を記事にしたことが何度かありますが、検索者の求めているもの(何が知りたいのか)がハッキリとわかっているので、とても書きやすかったです。

 

周りの人に話を聞く

日頃何気なく会話している様なことも、よーく聞いてみたらネタの宝庫です。

「あそこに新しいお店が出来たみたいだけど行ってみた?」
「今度結婚式に行くんだけど、この時期って何着ていく?」
「マンゴーってどうやって食べるんだろう」

本当に何気ない会話ですが、それって「生」の疑問だったり情報が沢山!!
これを使わない手はないです。

私も友達や会社の人との会話から記事を書いた事が沢山あるのですが、やはりそういう生の声から書いた記事はとても反応がよかったのを覚えています。

 

自分の生活を振り返る

「自分の経験や体験を記事にするといい」というのはよく聞くと思います。

ただ、この経験などもいざ記事にしよう!と思うと「あれ?なんだっけ?」となってしまうことも多いので、日頃からちゃんと意識を向けてメモをしておく等を習慣化するといいと思います。

写真を沢山取っておくのも思い出すのに便利ですし、体験談としてリアリティが伝わるのでオススメです。

「会社と家の往復で特にどこにも出かけてないし、何もないんだけど…」
という方も心配無用です。

あなたの一日を振り返ってみて思い出してみてください。

電車の吊り広告・街中のディスプレイ・TVで見たCM・コンビニで見かけた新商品など、何らかの情報を見聞きしているはずです。
はたまた、実は自分の職業の事についての記事が意外に需要があったりもします。

私は接客業だった時に「接客業初心者」の人に向けて、自分が困っていたことを調べた経緯からそれを記事化したところ、お礼のコメントをいただいたこともあります。

また、この2〜3日でスマホやPCで何か検索していませんか?
私たちは日頃からわからないことや調べたいことがあると「検索する」という行為をしています。

ブログ初心者が自分の疑問を書くべき4つの理由  という記事でも書きましたが、自分の疑問に感じたことは誰かの疑問でもあります。

しかも、検索した際に入力した文字はそのまま検索キーワードとなりますし、検索者が何を知りたくて検索したのか?というニーズまでわかっているので記事も書きやすいですよね。

「記事が書けない」時にちょっと思い出して欲しいこと

ブログを始めたばかりの時は、PCに向かっても「記事が書けない」となることは本当によくありました。

上記でご案内した5つの解決策は、そんな時に本当に私を助けてくれました。
あなたが同じような悩みを持った時にも、きっと役立ってくれると信じていますが、もう一つ大事な事をお伝えしたいのです。

それは・・・

最初から100点満点を目指さないでいい

ということ。

色んな記事を見ていると、皆の記事がどれもこれもめちゃめちゃ完璧に見える。
だから自分も同じように書かなくちゃ!

そう思ってしまうと思いますが、初心者の頃は一旦完璧主義、は棚の上にでも置いてきてください。

あなたが見ているのは初心者の方の記事ですか?
きっと検索上位に出てきて、あなたが目を止める位の記事なのでブログ経験がある程度ある方の記事だと思います。

その記事と同じようなクオリティのものを書こうとしないで大丈夫です!!

ぶっちゃけ、初心者の頃=無名新人のブログはなかなか人の目には止まりません。
そんな頃から「完璧な100点満点」の記事を書かなくてもいいし、無理な話です。

逆に、初心者の頃にしか書けない記事があります。
そして、記事は何度でも修正可能です。

私がブログを始めた頃も、ずっとずっと研究しまくって(インプット)なかなか書く(アウトプット)という事をしませんでした(笑)

インプットはもちろん大事ですが、アウトプットして、そこからやっとわかることもあります。
頭にいくら情報をたっぷり詰め込んでも、使わないと意味がないんですよね。

英語と一緒ですね!
文法を沢山知ってても喋れないし、使わなければ何が間違ってるのかなんてわからない。

そして「書く」という事に「慣れる」のもとても大事です。

・よくわからないけどとりあえず書いてみよう
・研究しまくって完璧に書ける準備ができたら書こう

先にぐんと成果が出るのは、間違いなく前者です。

ですので、最初は「うーん」となっちゃうかもですが、まずはざっと書いてみてください。

最初は60点位でもいいんです。(50点でも40点でも…)
後から見直してみた時にどんどん修正を加えてく事で、更に書くというレベルも、文章を作るレベルも上がっていきますよ!

 

私のメルマガでは、ネタの探し方からキーワード選定・タイトルの付け方など基本的なことを0から動画にまとめた教科書をプレゼントしています。
無料メールコンサルも付いていますので、もしもあなたがどうしても書けない!!という時はお気軽にご相談してみてください。