【今の自分を変えたい】すぐにできるたった一つのこと!〇〇を変える

こんにちは!色付けマイスターのMASAです。

突然ですが、あなたは【今の自分を変えたい】【今の現状を変えたい】と思っていますか?
こんな風に思うことって、きっと誰でも一度はあるのではないでしょうか。私も一度と言わず何度もありました。

なんとなく毎日同じ様な気がして、何か変えたいんだけど何をしていいかわからない。
本やネットで色々と見てみたけど、情報が沢山でどれをしていいかわからない。

この記事では、私が試してみて一番効果を感じた一つの方法をご紹介しています。
それは「コンフォートゾーンを変える」ということ。

コンフォートゾーンが何なのか?コンフォートゾーンを変えるとはどういうことなのか?について詳しく説明していきます。

コンフォートゾーンを変えるってどういうこと?

動画でサクッと見たい方はこちらをどうぞ。

「コンフォートゾーン 」とは、一言で言うと「自分が居心地がいいと感じる環境や状況」のことです。

人は無意識にこの「コンフォートゾーン 」を守ろうとすると言われています。このコンフォートゾーン は不安にならない行動範囲ともいえますよね。

例えば、いつも行ってるお店・いつもの仕事場・いつもの仕事仲間。そこに居る時の自分は「安心感」を感じていますよね。

そしてあなたのコンフォートゾーン は、生まれ育った環境や長く見てきたものによって決まると言われています。

しかも、あなたの「今の状況」はこのコンフォートゾーン内に全て収まる様になっています。
例えば、あなたの収入や出会う人も全て自分のコンフォートゾーン内の範囲内になってしまうということですよね。

よく言われるのが、あなたの年収は周りの友人(近しい人)5人の平均だということ。これは結構私も当てはまっていてびっくりしました。

そういえば学生の頃にも自分の友達の成績の平均が自分だったりしたな、と思い出しました。
また、全米NO1マネーコーチと言われているハーブエッカーさんの著書の中でも「親のお金の使い方は子供にそのままコピーされる」と言われている位、知らない内に自分のコンフォートゾーン というのは環境によって作られているんですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミリオネア・マインド大金持ちになれる人 [ T.ハーブ・エッカー ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/4/7時点)

このことからも想像できる様に、現状のままのコンフォートゾーンに身を置いていると今以上にはならないことがわかりますよね。

コンフォートゾーンを変える方法

コンフォートゾーンを変えるには具体的にはどうしたらいいのか?という部分ですが、私がオススメしている方法は主に3つです。

・少し不安に感じることをやってみる
・居心地の悪さを感じる環境に入ってみる
・今までしなかった選択をしてみる

コンフォートゾーンを出るときには、人は無意識に「怖い」「緊張する」が起きます。
これは人間の本能として当たり前、のことだそうです。

心理学的な説明をすれば、コンフォートゾーンとは人為的に作られる心理状態で、中にいれば「安心」が得られ、外に出ると「不快さ」を感じる “メンタルエリア” のことだ

引用元:https://www.redbull.com/jp-ja/escape-comfort-zone

できればやりたくないなと感じる・先延ばししてしまう。その様なことは全て「コンフォートゾーンの外」にあるからだと考えられますよね。ただ、ここを変えないと今の自分に変化を起こすのはなかなか難しいと思います。

コンフォートゾーン外に出るのは、思いっきりが必要だし出るまでは怖いけどと思いますが、出てしまえばわかることも沢山です。まずは日常で出来る小さいことでもいいので、何かすぐにできそうな事を見つけます。

例えば、私がやってみた事を挙げてみると
・目についたところをすぐに掃除する
・毎日何か運動する
・1日1つ本から言葉を抜き出しアクションプランを立てる
・選択に迷った時はいつも選ばない方をあえて選ぶ
・洗濯物を丁寧にたたむ

・・・めちゃめちゃ小さいことですが、これさえも「いつもの自分」からするとちょっと面倒だなと感じることなんですよね(笑)なので、この小さいことから始めることで少しずつ自分のコンフォートゾーンが広がっていきます。

コンフォートゾーン ってゴムの様なイメージで、ちょっとずつちょっとずつ伸ばして、戻って、伸ばしてを繰り返している内に気付いたら伸びている(広がっている)という感じです。

だから、最初は小さなことからでもいいと思うんです。「ちょっとだけ不安」「ちょっとだけ面倒」そう思うことから始めることで、少しずつ範囲が広がっていきます。

いつもは洋食ランチだけど、今日は和食。いつもは絶対あの席に座るけど今日はこっちの席。
すぐに出来ることから毎日やっていくと、気付いたらちょっと大きなことも選択できる様になってきますよ。

居心地の悪さ・不安は成長の証拠

上記でも述べた様に、コンフォートゾーンを出るときには、人は無意識に「怖い」「緊張する」が起きます。これはもう人間の本能レベルのことなので仕方ないことで当然のことなんですよね。

なぜ不安なのか?というと、コンフォートゾーンの外のことってまだ未知のこと=知らないことだからですよね。人は知らないことを、いつの間にか「怖いこと」と置き換えてしまいます。

だけどコンフォートゾーンは、これまでのこと(過去)を軸に置いているので、あなたにとっては過去のデータベースの塊の様なものなので、ここに留まっている限りは変化も成長も起こりにくいです。

今までの自分の経験を思い起こしてみると、いつだって知らない事をやったりいつもと違うことへ足を踏み入れる第一歩ってドキドキして不安だったなと思います。でも、それを超えた先にはいつだって新しい世界や人、環境が待っていてそこにいかないとわからなかった自分とも出会えていますよね。

居心地が悪い・不安になるのは自分が成長している証です。なぜなら、ずっと自分のコンフォートゾーンにいる間は安心感でいっぱいなので、変化がないから。

不安が襲ってきたら「ああ、自分は成長してるんだな」と思うと少し違った見方もできると思います。もしあなたが【今の自分を変えたい】と思っているのであれば、過去の自分が作り上げてきたコンフォートゾーンから少しずつ外に出て変化を取り入れてみてください。