PDFファイルをkeynoteへ無料変換!アプリDL不要で編集可能な方法

こんにちは!色付けマイスターのMASAです。

この記事ではPDFファイルをMacのKeynote(キーノート )へ変換する方法をお伝えしています。

使うのはCleverPDFというツール。
アプリのDLも不要で、オンライン上であっという間に変換できてしまいます。

変換したいファイルを読み込んで変換ボタンを押すだけ。めちゃめちゃ簡単です!!
手順付きで解説していますので、ぜひ参考に使ってみてください。

PDFファイルをKeynoteへ無料変換する方法

今回使うのはCleverPDFというツールです。

こちらからとべます。
変換方法を順番にご説明していきますね!

1:CleverPDFをへアクセスする

CleverPDF

開くと下記の様な画面になります。

2:ファイル選択からPCに保存してあるPDFファイルを読み込む

 

「ファイルの選択」をクリックして変換したいファイルを読み込む

 

ファイルのアップロードが始まります

 

アップロードが完了しました

3:処理の開始をクリック

 

 

処理が終了したら下記の画面になるので「ダウンロード」をクリック

→PCに(Keynoteデータとして)保存されます

4:編集する

 

Macのダウンロードファイルの中に保存されているので、変換されたファイルをクリックして開く

 

Keynoteでファイルがたちあがります

 

あとは普通にKeynoteでの編集が可能です!

※バージョンによっては下記の様な案内が出ます

その場合は「コピーを編集」をクリックしてコピーされた画面を編集してみてください。
編集後はいつも通りに名前を変えたり、そのまま保存をすればKeynoteのデータとして保存されます。

 

他にもPDFファイルをKeynoteへ変換する方法はあると思いますが、私はいつもこの方法を使っています。
CANVAなどで資料を作成してDLすると「PDFファイル」で保存されるのですが、これをKeynoteに簡単に変換できるのはありがたいです!!
アプリなどのDLも不要で無料で使えるのも嬉しいですよね♪

 

▼初心者でもブログでの稼ぎ方を0からしっかり学べる無料レッスンやってます▼