【2020年】アドセンス審査5記事で合格したブログの内容・コツを解説

こんにちは!色付けマイスターのMASAです。

先日、クライアント様がアドセンス審査に5記事で無事合格しました♡

コロナの影響もあり2020年に入ってからアドセンス審査の期間も長くなったり、審査基準も結構厳しくなったりしています。

実はこのクライアント様も一度不合格になっています(汗)

不合格の理由は『価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)』

審査に出して不承認の理由でよく見るものです。(ちなみにこの時の記事数も5記事でした)

ここから、しっかりと記事内容を見直して先日2度目の審査にチャレンジしました!

申請から大体24時間程度で「合格」のメールが届きましたので、コロナの影響で遅れ気味になっていた審査も徐々に通常になってきている様ですね^^

 

この記事でわかること

・5記事で合格した記事のジャンルや内容・期間
・不承認理由から考えていく改善策
・1度目の不合格から手直しした部分
・意識したポイントや取り組んだこと(クライアント様からの声)

記事内の動画では、実際にクライアントさんの記事を使って解説をしていますので、そちらも合わせてご覧になってみてください。(クライアント様のご了承済みです)

また、アドセンス審査に不承認だった時の見直しポイントは下記の記事にまとめてます。
アドセンス審査に落ちた時の11の対策をブログ指導のプロが伝授!

今回の手直しも、このポイントを使って行っていますので「なかなか合格できない」という方は、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

アドセンス審査に5記事で合格したジャンル・内容

合格した時の内容
・ジャンル:バイク
・記事数:5記事
・ブログ運営期間:4ヶ月
・内容:自身の体験談を中心に構成
・ブログ運営者:40代男性

クライアント様は、2020年4月から全くの初心者でブログをスタートしました。

バイクが好きということで、最初から「バイクの記事が書きたい!」とおっしゃっていたので、審査記事も迷わずにバイク記事でスタート。

1度目は「ハーレー初心者を対象にしたハーレーの取り扱い方法」についての記事を5記事書かれました。(運営期間:約1ヶ月半で審査へ)

1記事辺りの文字数は平均すると2500文字くらいで

・教習所で大型免許をとるまでの流れ
・初めてのツーリングでの注意点
・同乗者を乗せて走る時の注意点
・雨の日のバイク乗りに役立つ便利なもの

などについて書いて完成させて、審査に出したのですが・・・残念ながら不合格。

おそらく、1年前なら十分に合格できていた内容と思うのですが、Googleさんの求めるレベルもやはり高くなっていました(汗)

ここからクライアント様と手直しの旅が始まります。

※クライアントさんの実際の記事を見ながら解説していますので、動画も合わせてご覧になってみてください。

1度目の不合格から手直しした部分

今回の不承認理由が『価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)』だったので、これをヒントに見直し開始します。

どんな記事が価値が低いのか?というヒントは、Google AdSenseのヘルプセンター「ウェブマスター向けの品質に関わるガイドライン」にしっかりと書かれています。

ここから抜粋すると、今回の記事から読み取れる不合格の要素は

・内容が重複している
・オリジナル性がない
・付加価値が付けれていない

と判断しました。

内容が重複している

これは、単純に「他のサイトと内容が似ている」ということもありますし「自分の記事同士の内容が似ている」ということもあります。

まず最初にやっていただいたのは、コピペチェックです。

→今回はコピペチェッカーという無料ツールを使用

あなたの書いた記事が、他のサイトと酷似していないか?コピペになっていないか?というものをチェックすることです。

「コピペなんかしてない!」と思われるかもですが、色んなサイトから情報を集めてきてまとめた場合、知らず知らずの内に内容がコピペの様になってしまっている場合もあります。

実際に、クライアント様も5記事中3記事が「要注意」でした(汗)

なので、この3記事については思い切って下書きに戻し、新たな記事を作成することにしました。

オリジナル性がない

内容の重複、とも少し似ていますが「あなたの記事は独自の情報が入ってますか?」ということですね。

クライアント様の記事の場合は、どちらかというと全体的に「情報をまとめた」感じの記事が多くなっていたので、ここを見直しました。

例えば、下書きに戻した記事の中で「大型免許をとるまでの流れ」があったのですが、教習所でやることなどは割と誰が書いても同じ様な内容になります。

もちろん、その中で体験したことや感じたことなどの記述もありましたが、全体的に見た時に「まとめ記事」の様な印象を受けてしまう恐れはあります。(この記事は下書きに戻していただきました)

じゃあ、どうやって「オリジナル性」を出していくのか?という点ですが、簡単に出来る方法としては

・自分で撮った写真を載せる
・体験談を中心に書く

この2つを意識してやっていただきました。

※実際にクライアントさんが記事内に盛り込んだオリジナル写真がこちら↓

この様に、ご自身が行った手順を画像に撮って載せました。

もちろん、画像をオリジナルにしても内容が「まとめ記事」だと意味がないので、内容もご自身の声をたっぷり入れていただく様にしています。

上記の画像は洗車の手順を載せている記事ですが、ただ単に「洗車の流れ・方法」にしてしまうとオリジナル性は出ません。

「注意している点」「コツやポイント」「なぜそうするのか」「伝えたいこと」を自分の言葉で常に意識して書いていただく様にしました。

付加価値が付けれていない

付加価値とは「商品やサービスなどに付け加えられた、他にはない独自の価値」ということです。

あなたの記事を読むことで、読者はどんな価値を得ることができるのか?あなたはどんな価値提供ができるのか?ということですね。

言ってみれば、同じジャンルで書いている記事なんて沢山あるわけです。

その中で「あなたの記事」が与えれる価値は何ですか?という部分をしっかりとアピールできないとダメだということです。

クライアント様の記事の場合は、先ほどの様に「オリジナルの画像」を取り入れることで、世界に1つしかない洗車の教科書ができるわけです。

また、その他の記事についても「実際に自分がハーレーに乗り始めて困ったことを解決する策」というのを中心に考えていただき、その答えの記事を「出来るだけ具体的に・誰よりもわかりやすく」書いてもらいました。

その結果、1記事作成のために使った画像は20枚〜30枚になることも!

きっと撮影も大変だったと思います。

でも、読者としては全ての手順が丁寧に一つずつ画像で説明されていることで、より具体的にイメージできます。

またご自身がつまづいた点や改善点・注意点を書くことで「そっか、ここ気をつけなきゃ」と知らない人に自分の知っていること(価値)を提供することもできますよね。

その他の見直しポイントとコツ

ここまで読まれたあなたは、なんとなく気付いているかもしれませんが、結局のところGoogleが求めていることは『オリジナル性』の部分が大きい気がします。

Googleのコンテンツの中に、同じ様な記事はいくつも必要ない、ということですね。

上記の手直し以外で見直したポイントとしては

・ブログタイトルをより具体的にした
・ペルソナを更に絞った
・スマホからの見え方を意識
・Twitterへ流し少しでもアクセスを少しでも集める

などを行いました。

ブログタイトルについては、よりひと目見て『誰に』『何を』伝えるブログなのか?がわかる様に。

ペルソナは、最初の『ハーレー乗り』の人から更に車種を絞って具体的に

スマホから見た時に違和感がない様に、常にスマホからの見え方も意識して書いてもらいました。(文章だけになってないか・改行は変じゃないか・画像の大きさは適切かなど)

あとは、Twitterを開設してもらい、1PVでもアクセス流入がくる様にしました。

なぜなら、広告主にとって「誰にも見られないブログ」というのは、広告を貼る価値がないからです。

ブログを始めたばかりの初心者でも、比較的アクセスを呼び込めるのがSNSなので、ここをうまく活用していただくといいですね!

その他のポイントとしては、以前ご紹介した「アドセンス審査に落ちた時の11の対策をブログ指導のプロが伝授!」をご覧いただければと思います^^

意識したポイントや取り組んだこと(クライアント様からの声)

今回の記事を作成するにあたり、クライアント様に「どの様に取り組んだのかご紹介させていただいてもいいですか?」とお聞きすると、快くOKしてくださいました!

「同じ様に審査に合格したい!と思ってる方のお役に立てれば嬉しいです」とのことで、動画での記事公開もぜひどうぞ、と嬉しいお言葉をいただきました^^

U様、本当にありがとうございます。

そんなU様より、今回のアドセンス審査記事作成や手直しにあたり気を付けた事などを聞かせていただきましたのでご紹介します。

<審査記事を作る時に意識したこと>
・タイトルのキーワードがきちんと入るように気を付けた
・結論から書くことを常に意識した
・スマホでの見え方(最初はその余裕すらなかったです)
・イントロの書き方(ここが一番むつかしかった!)

<1回目の不合格から2回目のチャレンジで意識して改善したこと>
・一次体験になるような記事にすること
・写真をつけてわかりやすく
・まとめ記事にならないように自分の言葉を中心に

アドセンス審査にチャレンジされる方、手直しして再チャレンジされる方はぜひ参考にしてみてください。

また、U様が「コンサルを受けてよかった点」についても送ってくださったので嬉しくて一緒にご紹介します♡

 

<コンサル受けてよかったなと感じたこと>
・自分では思いつかないタイトルや見出しの付け方のアドバイスをもらえる
・動画でアドバイスはわかりやくて最高っす!
・客観的なアドバイスは必要だと痛感しました。
自分では悪いところもわからない…アドバイスをもらえると記事がぐんとよくなっていった気がしました。

 

U様、本当にありがとうございます!!
そしてアドセンス審査合格おめでとうございました^^

→U様にも受けていただいた「アドセンス審査合格サポート」はこちらから詳細をご覧いただけます。

 

アドセンス審査は年々厳しくなっている、というのはある意味事実ですが、それでもしっかりとした記事を書いていけば必ず合格できます。

ちなみに、私は過去に4回不合格した経験もありますが、それでも一つずつ考えて手直ししていくことで合格できています。

今回の記事や他の記事を参考にしながら、読者にとって価値のあるコンテンツ作りをしてアドセンス審査合格を掴み取っていきましょう!

私のメルマガでも、アドセンス審査記事の具体的な作り方や考え方などを動画で解説している教科書をプレゼントしていますので、お気軽にご登録してみてくださいね^^