ブログが読まれない時は記事タイトルをチェック!初心者は特に注意

記事を書いても書いても誰も読んでくれない…

ブログを始めたら、誰もが一度はぶつかる壁ですよね。

そんな時にまずチェックしてほしいポイントは「記事タイトル」です。

読まれない原因はいくつかありますが、何を置いても最初にこれだけはチェックしておきたいことです。

ここをスルーしたままでは、他の秘策をやってみてもあまり効果がないと思っています!

その理由や、正しい記事タイトルの作り方もご紹介していますのでチェックしてみてください。

ブログを読んでもらえない時はまず記事タイトルをチェック!

動画でサクッと学びたい方はこちらをどうぞ!

あなたのブログが読んでもらえない時にまずチェックしたいことは『記事タイトル』とお伝えしました。

ネットで検索する時の行動を思い出してみていただきたいのですが…

  1. 知りたいことに関する言葉を検索窓に入れる
  2. 検索結果に出てきた記事のタイトルを見る
  3. 自分が知りたい内容ぽいタイトルの記事を開いて見てみる

 

こんな感じで検索しますよね?

この読者の行動に全て関わってくるのが『記事タイトル』なんです!!

 

ブログを読んでもらうために記事タイトルが大事な理由

なぜ「記事タイトル」が大事かというと、記事を読んでもらいたい人へ見つけてもらうためです。

あなたの記事の中身を読む以前に「あなたの記事にたどり着いてもらう必要」があります。

あなたがいくら熱い想いを持って記事を書いたとしても、記事のタイトルに

  • 届けたい人
  • 届けたい内容

を入れてなかったら、そもそも見つけてもらえません。

 

Googleは読者の「知りたいこと」と「それが書いてある記事」をマッチングさせて表示してくれます。

まず第一に、あなたの記事に「〇〇について書いている!」とアピールすることが大事です。

そのための第一アピールの場が記事タイトルなのです。

ブログの記事タイトルを作る時のコツは「検索キーワード」を含めること

読まれるための記事タイトルってどうやったらいいの?

読まれるための記事タイトルを作るコツは『検索キーワードを絶対に含める!!』ということです。

検索キーワードとは、検索窓に入れる言葉のことです。

読者が検索する時の①の行動「知りたいことに関する言葉を検索窓に入れる」(←ここで入れる言葉)

 

例)

読者の疑問検索キーワード
宮島の紅葉の見頃っていつなんだろう?宮島 紅葉 見頃
ブログが読まれない原因ってなんだろう?ブログ 読まれない 原因
コーヒーの染みってどうやって取れるの?コーヒー染み 取り方

 

なんとなくイメージはつくでしょうか?

Googleは、この「検索キーワード」にヒットするものから記事を探して表示します。

なので、あなたがもし記事タイトルに検索キーワードを入れていなかったら?

そもそもGoogleが探してくれるのも難しいですし、読者に見つけてもらうことはますます難しいということになりますよね。

 

ただし!!!!

この「検索キーワード」は妄想・想像で勝手に考えてはいけませんよ。

あなたの考え=読者の考えと一致するとは限りません。

え、じゃあどうすればいいの?
ちゃんと視覚化できるデータを使いましょう!

検索キーワードの探し方

検索キーワードの探し方はいくつかありますが、ここでは一番簡単な方法をご紹介します。

  1. Yahooの検索画面でメインとなる言葉を検索窓に入れる
  2. 検索結果の下に出てくる虫眼鏡キーワードをチェックする

以上です。

 

「宮島の紅葉」の例でやってみますね!

※メインとなる言葉は、この場合は「宮島」(1語)ですが、今回は紅葉についてなので「宮島 紅葉」の2語になります。

「宮島」の一語だと紅葉と関係ないものまで出ちゃうもんね…

1:Yahoo検索画面で「宮島 紅葉」と入力して検索する

2:検索結果下に出てくる虫眼鏡キーワードをチェック

「宮島 紅葉」と一緒にどんな言葉でみんなが検索しているのかがわかります!

ちなみに…

Yahooの虫眼鏡キーワードは、左上から順番によく検索されている順番に並んでいます。

「宮島 紅葉 見ごろ」が一番検索されてるのね!

記事タイトルに検索キーワードを含めたら魅力的な言葉を考えよう

記事タイトルにきちんと検索キーワードを含めることができたら、次は魅力的な言葉を考えてみましょう!

ただ単に検索キーワードを並べただけでは、暗号の様なカタコトな感じになっちゃいます。

慣れない時は、綺麗な日本語にするために助詞で繋ぐところから始めてOKです。

『宮島 紅葉 見頃→宮島紅葉見頃は〜

慣れてきたら、この言葉を使って魅力的な言葉の言い回しを考えてみましょう。

  • どういう言い回しなら読んでみたいと思うかな?
  • ライバルの記事はどんなタイトルを付けているかな?
  • どういう言葉なら読者にとって「探してる内容だ」と分かってもらえるかな?

などを考えながら、言葉を探ってみてください。

 

ただ、ここで注意しておきたいことが『読者の疑問』に対して『疑問形で答えない』ということです。

会話に置き換えてみると分かりやすいのですが

 

宮島の紅葉はいつ頃が見頃ですか?
宮島の紅葉の見頃はいつ?
いや、聞いてるの私なんですけど・・・

みたいな感じで、読者の疑問に対して『疑問形』で答えているタイトルは結構見かけます。

ちゃんと、疑問に対しては「答え」で答える様に意識するだけでも変わってきますよ!

記事タイトルの良い例と悪い例

読者の疑問検索キーワード
宮島の紅葉の見頃っていつなんだろう?宮島 紅葉 見頃
ブログが読まれない原因ってなんだろう?ブログ 読まれない 原因
コーヒーの染みってどうやって取れるの?コーヒー染み 取り方

この例に対して、記事タイトルの良い例と悪い例を紹介しますね。

1:読者の疑問「宮島の紅葉の見頃っていつなんだろう?」に対する記事タイトル

◯良い例:宮島の紅葉2021は10月下旬からが見頃!地元民が知る穴場の場所はここ

✖️悪い例:秋の宮島は本当にきれい!一度は見ておきたい真っ赤に色づく風景を紹介

検索キーワードである「宮島 紅葉 見頃」という言葉が入ってません

2:読者の疑問「ブログが読まれない原因ってなんだろう?」に対する記事タイトル

◯良い例:【改善策付】ブログが読まれない最大の原因を3つ紹介!

✖️悪い例:ブログを書いてみたけど全くアクセスがこない時に試したい3つのこと

検索キーワードは「ブログ 読まれない 原因」なので、これを入れたい

3:読者の疑問「コーヒーのシミってどうやって取るの?」に対する記事タイトル

◯良い例:洋服についたコーヒーのシミの取り方を時間の経過別に解説!

✖️悪い例:洋服にコーヒーがついちゃったらどうするの?私が困った時に試してみたこと

検索キーワードは「コーヒー染み 取り方」+疑問で返さない様にしよう

記事タイトル以外で読んでもらうためのポイントは?

ブログを読んでもらえない原因の一つとして「記事タイトル」のチェックポイントをお伝えしました。

もちろん、記事タイトルを改善したからといって、すぐにブログが読んでもらえるか?

というと、残念ながらそうではありません。

記事タイトルは「あなたの記事を読んでもらうための第一ステップ」です。

例えるなら、たくさん並んでいるお店の中から、まずあなたのお店を見つけてもらうためのステップです。

見つけてもらえたからといって「店内を全て見てまわって買い物してくれるか?」はまた別になりますよね。

かと言って、記事タイトルを無視して他のテクニックだけを行っていっても効果は薄いと思っています。

まずは、あなたの記事というお店を知ってもらうために、記事タイトルをしっかりと作っていきましょう!

 

読まれるブログつくりをする上で意識したいこと

読まれるブログをつくる上で、まず根底として意識しておきたいことは

あなたの書きたいことを書きたい様に書かない ということです。

もちろん、趣味のブログとして書き留めておきたい!という場合はOKですよ。

でも、もしもあなたが「多くの人に記事を読んでもらいたい」と考えているのであれば、この考えは厳禁です。

言ってみれば、ブログというのは『無料の読みもの=フリーペーパー』の様なものです。

あなたは、作り手が書きたい様に書きたいことだけを書いたフリーペーパーを熱烈に読みたいと思いますか?

(よほど、その人やそのモノの熱烈ファンならばあるかもですが…)

無料のブログは、前提として「読まれない」と思っておいてください。

 

読まれるブログをつくっていくには

  • 読者の知りたいことを伝える
  • 読者の悩みを解決できる
  • 読者の好奇心を満たす

など、常に読者目線でなければいけません。

「あなたの書きたいもの」ではなく「読者の知りたいこと」を書く必要があると意識しておいてくださいね。

読まれるブログの作り方や考え方が知りたい

という方は、ぜひ私の無料メルマガもチェックしてみてください♪

『選ばれて読まれ続けるブログのつくり方』の教科書をプレゼントしています。

無料レッスンとして「読まれるブログの書き方」の考え方も、メルマガにてお伝えしています^^

50本以上の動画に加えて、メールでのレッスンでブログの書き方のコツがわかる様になっていますので、迷ってしまう時には登録して見てみてください♡

 

※iCloud、hotmail、outlook、docomo、ezwebは届きませんのでご注意ください。
※本メールマガジンは利益の保証や損失の補填を行うものではなく、効果には個人差があります。
※ワンクリックでいつでも解除可能です。
※メールアドレスは個人情報の観点よりプライバシーを遵守しております。